アテローマ(粉瘤腫 ふんりゅうしゅ) アテローマとは(粉瘤腫とは) 症状と原因 治療法と治療薬と手術法 病院と本  .
皮膚病 皮膚の病気 皮膚疾患-皮膚の薬箱 サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  リンクについて

アテローマ

アテローマとは

アテローマ(あてろーま、粉瘤腫、epidermal cyst)とは、新陳代謝によって外皮からはがれ落ちる垢(あか)などの老廃物が、皮膚内部に溜まることによってできる良性の腫瘍の総称です。



アテローマの概説(まとめ)

  • 新陳代謝を起す組織は外皮にあるが、本来存在しない皮膚内部にその組織ができることから生じる。
  • 皮膚表面に開口部を持つことが多い。
  • 開口部は固形化した老廃物などによってふさがれており、老廃物は体外へ排泄されず、新陳代謝を起す組織が薄く老廃物を取り囲む。
  • 新陳代謝に伴い肥大化。


アテローマの症状・特徴

  • 初期の状態では皮膚表面上は症状が現れないことが多いため自覚することは少ないが、経過すると次第に肥大化。
  • 腫瘍内の老廃物に細菌が感染した場合は皮膚下で炎症を起こすために痛みを伴う。


アテローマの原因説

  • 同じ場所への刺激により、皮脂腺に異常が起こる。


アテローマの治療法・治療薬・手術法

  • 外科手術(袋ごと切除)
  • 切開(袋の中の老廃物を排出し洗浄する)
  • 抗生物質の投薬(感染症を既に起こしてしまった場合)


アテローマの予後・術後

アテローマ除去手術が完全な場合は、ほぼ再発しません。



アテローマの病院での検査・診断科

  • 皮膚科
  • 皮膚泌尿器科






関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る




アテローマ TOP▲
皮膚病情報
細菌
ウイルス
真菌

皮膚の薬箱HOME Copyright (c) 皮膚の薬箱 All Rights Reserved.