スワップ金利(swap金利 スワップきんり すわっぷきんり) スワップ金利とは(スワップとは) FX 円 本  .
利子 利息 金利-利子の知恵袋
利子の知恵袋ホーム > スワップ金利

スワップ金利

スワップ金利とは

スワップ金利(swap金利、スワップきんり)とは、債務者が借入している貸金に対して適用する金利制度を変更した結果、適用される金利です。



スワップ金利の概要(まとめ)

貸金に対して適用される金利には、固定金利と変動金利があります。

固定金利での借入を決めた企業がその後、短期〜中期的の変動金利のリスクの低さを見越して変動金利に変更したい場合や、変動金利での借入を決めた企業がその後、金利変動リスクを高く見積もって固定金利に変更したい場合に、借入先銀行とは異なる銀行に対して、金利交換取引を行います(金利スワップ取引)。

債務を負う企業は、当初に借入した銀行に対して当初の契約通りに借入金に対する変動金利または固定金利を支払います。


金利スワップ取引を交わした銀行に対しては

  • 当初の借入先に対する契約が固定金利の場合、変動金利を金利スワップ取引先銀行に支払う。
  • 当初の借入先に対する契約が変動金利の場合、固定金利を金利スワップ取引先銀行に支払う。

金利スワップ取引を交わした銀行は

  • 企業の当初借入条件が固定金利の場合、固定金利を取引先企業に支払う。
  • 企業の当初借入条件が変動金利の場合、変動金利を取引先企業に支払う。

結果として、金利スワップ期間の固定金利が変動金利より高い場合、 当初変動金利で借入契約した後、金利スワップ取引を行った企業は金利支払額が増加し、当初固定金利で借入契約した後、金利スワップ取引を行った企業は金利支払額が減少します。

銀行側は、金利スワップ取引の成立時に所定の手数料を取得することにより、取引のリスクに対する担保を取得しているため、取引先に比べて銀行側のリスクは少ないです。







関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る




関連注目商品

DVD はやぶさ流 FXスワップ金利運用術~複数通貨によるリスク分散~




利子情報

スワップ金利の先頭へ
© 利子の知恵袋 利子の知恵袋ホーム  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  リンクについて