サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん サザエさんシンドローム) サザエさん症候群とは 症状と治療法 相談と病院と本  .
メンタルヘルス メンヘル メンヘラ-メンタルヘルスの救急箱 サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  リンクについて
メンタルヘルスの救急箱HOME > サザエさん症候群

サザエさん症候群


サザエさん症候群とは

サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん、サザエさんシンドローム、Sazae-san Syndrome)とは、アニメ『サザエさん』を見た後、翌日からまた学校や会社に行かなければならない現実に直面して憂鬱(ゆううつ)になり、体調不良や身体のだるさを訴える症状の俗称です。



サザエさん症候群の概説(まとめ)

サザエさん症候群は、正式な医学用語ではありません。

『サザエさん』を見た後に休日の終わりを自覚することが最も多いため、サザエさん症候群の名がつけられたと言われます。

サザエさん症候群は、エンディングを見ている時が最も症状が出やすいです。

一人暮らしの若者が『サザエさん』を見て軽いホームシックにかかることを、サザエさん症候群と呼ぶこともあります。

サザエさん症候群は、学生や会社員など、月曜から学校や会社が始まる人に起こりうる症状とされます。

日曜日が休日でない職種の人、サザエさんの放送のない地域の人が感じる休日の終わりによる憂鬱感も、サザエさん症候群と呼びます。



サザエさん症候群の症状、特徴

  • 『サザエさん』が終わり、休日の終わりを実感すると憂鬱になる。
  • 気分が沈み無気力になって、夕食の後片付けや翌日の準備が手に付かなくなる。


サザエさん症候群になりやすい人

  1. 休日は自宅に引きこもっている人
  2. コミュニケーションが希薄な人
  3. 趣味がない人


サザエさん症候群の対策法(対処法)

  • ストレスの発散

『サザエさん』を見なければ症状が軽減するわけではありません。



サザエさん症候群の病院での診断、治療科

  • 心療内科
  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック






関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る



関連注目本

ビジネススクールで教える メンタルヘルスマネジメント入門―適応アプローチで個人と組織の活力を引き出す

メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト 2種 ラインケアコース

間違いだらけのメンタルヘルス―「心」が病気になる前に、打つ手はないのか

実践!ここから始めるメンタルヘルス―予防から復職まで (中災防新書)



関連注目商品

専門医がすすめる 働く人のメンタルヘルス・ミュージック

自律神経にやさしい音楽



サザエさん症候群の先頭へ
メニュー

トップセラーをもっと見る

Copyright © メンタルヘルスの救急箱 All Rights Reserved.