腸閉塞(ちょうへいそく イレウス いれうす 腸捻転) 腸閉塞とは 症状 治療法と治療薬と手術法 漢方薬と食事 病院と本  .
消化器病 消化器症 消化器疾患-消化器病の薬箱
消化器病の薬箱HOME > 腸閉塞

腸閉塞

腸閉塞とは

腸閉塞(ちょうへいそく、intestinal obstruction、腸捻転、イレウス)とは、腸管内容の肛門側への移動が障害される病態です。

急性腹症をおこします。



腸閉塞の症状、特徴

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 排ガス、排便の消失
  • 腹部膨満感


腸閉塞の病態

腸管が閉塞すると、閉塞部位の口側はガスや腸液により拡張し、静脈還流が障害されます。

その結果腸管壁が浮腫をおこし、腸管腔へ水やナトリウムが漏出します。

さらに腸管内圧が上昇し、動脈血流の障害がおこり、腸管の壊死・穿孔を引き起こします。

水やナトリウムの漏出によるショックもおこります。



腸閉塞の分類、種類

機械性腸閉塞
腸管内に生じた腫瘍や結石などの異物による物理的な狭窄や、外部からの腸管の圧迫などによるもの。
  • 単純性腸閉塞(閉塞性腸閉塞)
  • 複雑性腸閉塞(絞扼性腸閉塞)

機能的腸閉塞

  • 痙攣性腸閉塞
  • 麻痺性腸閉塞


腸閉塞の原因

機械性腸閉塞

  • クローン病などの炎症、癒着・屈曲
  • 回虫、腫瘍、胆石などによる腸管内の異物による閉塞
  • 卵巣癌などによる外部からの圧迫

機能的腸閉塞

  • 鉛中毒による腸管の痙攣
  • 腹部手術後などの腸管の運動麻痺


腸閉塞の検査

  • 血液検査
  • 造影検査
  • 腹部単純X線
  • 腹部超音波検査
  • 腹部CT


腸閉塞の診断

腸閉塞は、排ガス・排便の消失、X線検査により容易に診断できます。



腸閉塞の治療法、治療薬、手術法

  • 保存的治療
    • 絶食
    • 輸液
  • 外科手術
  • 原疾患の治療


腸閉塞の予後、術後

腸閉塞は、適切な治療を行えば回復しますが、放置すれば徐々に重篤化し、ショックや敗血症を引き起こします。



腸閉塞の病院での検査、診断科

  • 外科
  • 消化器科






関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る

腸閉塞トップへ↑
消化器病の薬箱HOME  サイトマップ  免責事項  プライバシーポリシー  リンクについて
Copyright(C) 消化器病の薬箱 All rights reserved.